Top Page >

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07.22 Fri

春から初夏。

20160722232526088.jpg

個人的な浮世絵ブームが到来しておりました。
やはり圧倒的なデザイン力。
絵師によって個性は違うけれど、今なお色褪せることのない飛び抜けたセンスや、構成力、配色、デザイン。

大胆な構図は、どこかマンガ的な匂いも感じられます。
だからからか、思っていたよりもずっと親しみやすいです。

折を見てまた見にゆきたい所。
スポンサーサイト
01.25 Mon

江戸東京博物館。

先日いってまいりました。
江戸東京博物館
その名前の通り、江戸から東京にいたるまでの東京の街に関わる展示が行われている博物館です。
チケットをもらったので浮世絵と写真の特設展を見に行ったのですが、折角だしということで常設展示も見てきました。

2016012520292163b.jpg
びっくりしたのは館内が想像よりはるかに広いこと。
日本橋の再現のこの橋は大きくて、しかも高さもあります…。2階相当です。実際に渡って中の展示を見に行きます。
展示はジオラマや当時の物品、再現したもの、パネルなどなど。
籠や纏、行商の道具なんかを体験で持てるところもあります。
ジオラマの出来が良くて、ジオラマ上の人々の動きの細かさなんて、見ているだけでなかなか楽しいのです。小さないぬがいたので探すのに躍起になってしまいました。

2016012520292367b.jpg
2016012520292453f.jpg
▲江戸は水郷といいますが、今の姿からは想像もつきませんね。

20160125202926773.jpg
錦絵屋さんの再現の建物。実物大の展示が多いのも楽しい要素の一つでした。
他に屋台のお寿司屋さんを再現したものなどもありました。当時のお寿司は今の2倍くらいの大きさで、自分の知ってる寿司と比べるとおにぎりみたい。

20160125202927271.jpg
江戸の部分をゆっくり見てたら、閉館時間が迫って猛烈に駆け足をして、明治大正昭和を怒涛のように駆け抜けるハメになりました。
うーん広い!
昔の自動車自転車のほかに、電話ボックスみたいなレトロモダンなものも展示されていて興味深いです。
最後の時間切れがもったいなかった。

この日も小学生がバスに乗ってたくさん見学に来ていたようです。
博物館見学、大人になって行った方が楽しいかもね、などと考えながら、急ぎ足で1周しました。
日頃はワークショップ的なことも行われているらしいし、和物を中心にお土産もあるようです。閉館間際だったので全部終わってしまっておりました…lorz
早めにゆっくり訪れると、もっと楽しい場所かも知れませんね。

楽しかったけど歩き疲れました!
ご訪問の際は歩きやすい靴で!といったところです。
10.01 Thu

けやき広場ビール祭り。

先日、いってきました。けやき広場。
前々から行きたかったのですが、ついにねんがんの。
このイベントは、埼玉スーパーアリーナで、春秋に催されるクラフトビール系のお祭りです。

会場からそう間を置かずに入ったのですが、既に座れる席は満席。立ち飲み席はあいていたので、適当なところに陣取りました。

20151001171307787.jpg
このイベントは、試しのみ4種とかのセットが多いのが特徴なのですね!あまり、たくさんは飲めない身としては、ありがたく様々なセットに手を出しました。

20151001171308781.jpg
フルーツ系のビールは色とりどりで、ビールというよりは駄菓子屋系の雰囲気に見えますね。綺麗なだけでなく、しっかりおいしい。

20151001171311ac1.jpg
箱根ビール、王道の味でした。コースターも可愛い。

20151001171309edc.jpg
お試しセット持ち運び用のトレイが、お店によって雰囲気違うのも面白かったです。
地元のあくらビールはきりたんぽとともに。

2015100117131262a.jpg
生ハムってつい食べたくなる。

201510011715354e5.jpg
いぶりがっこと燻たま。うずら。胃のスペースをとらないのにおいしい、最強のつまみ、それは燻製。

20151001171538bae.jpg
焼きしいたけ、バター醤油がなかなか凶悪。貝焼きの盛り合わせは塩辛味!そして箸休めのピクルスたち。

20151001171534ab9.jpg
大賑わいでした。
飲みの時には美味しい食べ物も欠かせないと思う自分にはうってつけのイベントでした。
来年も必ずいきます、、!!

指定席はそこそこのお値段でしたが、6人まで座れるようだったので、多人数でくるならとても良さそうですね。
06.25 Thu

歌舞伎見物。

 5月、人生初の歌舞伎見物にいって参りました。
 歌舞伎に関しては全然知らないことだらけなのですが、それでも十分に楽しめたと思います。
 きっと知っていればさらに面白いことでしょう。

20150624140723e83.jpg

 2015062414072540a.jpg

 演目はこちら。昼の部にいってきました。
 どちらの演目も面白かったです。
 合邦辻のほうは菊之助さんの演技が艶めいていてすごかった。
 大岡政談は、菊五郎さんと菊之助さんの親子対決…といいう形になっていたのが良かったです。
 
 休憩をなんどかさし挟みますが、観劇は長丁場。
 椅子は座り心地良かったですけど、腰痛持ちの人間には少し辛い。

20150624140727bad.jpg

 ところで3階席まである歌舞伎座は、高所恐怖症だとちょっとこわくなりそうな高さがありました。

20150624140728912.jpg

 幕もすごい。
 あちこち綺麗でキョロキョロしてしまいました。
 まるきりおのぼりさん。

20150624140826092.jpg

 抽選のご招待だったのでお弁当つき!
 うれしい。しかもおいしかった。
 おかずの種類が豊富な楽しさも。

20150624140828535.jpg

 おやつをお土産に買って帰りました。

 今回はイヤホンガイドを借りて観劇しました。
 言い回しには難しいところもあって、全部がっつりわかるには私の教養が足りませんでしたが…。
 それでも役者さんたちの演技は素晴らしかった!
 にわかですが、すっかり歌舞伎ファンになってしまいましたよ。
 年に何回か、足を運んで、いろいろ見てみたいものです。
02.24 Tue

川越ぶらぶら。


 たまにはおでかけのはなし。
 お正月に川越のあたりをぶらぶらしてきました。
 小江戸川越、と呼ばれている大きな街で、菓子屋横丁と呼ばれるあたりはなかなかおもむきのある街並み。
 ちょうどお天気にも恵まれてあまり寒くもない日だったので、そぞろ歩きと共に初詣もすませてしまいました。

KIMG0271.jpg
 ▲熊野神社
 道中の熊野神社で初詣。お神酒がふるまわれていました。

KIMG0292.jpg
 ▲時の鐘
 川越の有名スポットだそうです。おおー。と下から見上げただけ!
 川越といえばこの時の鐘がでてくるので、せっかくなので見物。

KIMG0280.jpg
 ▲親子丼
 お昼は親子丼にしました。右側は鳥のスープ。
 ちょっと味濃いめでしたけど、おいしかったですよ。

KIMG0290.jpg
 ▲蔵造りの街並み
 これはなかなか風情があって見事でした。車が通ってなかったら最高なのに!とおもいつつも、大きい道路なのでそうもいきませんね。
 お正月なのでたくさんの人でにぎわっていました。

KIMG0319.jpg
 ▲ガス燈
 レトロといえばガス燈!素敵な雰囲気だったので、ぱしゃり。

KIMG0325.jpg
 ▲おみせ
 通りのお店は、和物雑貨のお店などがやはり多いです。
 雑貨屋さんのほかは、お茶屋さん、お菓子屋さん、酒屋さんやカフェなど。
 お菓子屋さんは、やはり名物のお芋をつかったお菓子が多いです。
 買い食いできるお団子屋さんなんかもあって、街歩きしながら楽しむ感じでしょうか。

KIMG0316.jpg
 ▲パンダ
 パンダの前はパン屋だ!
 パン屋さんは次に遊びに来た時にとっておくことにしました。

KIMG0321.jpg
 ▲おしるこ
 冬の寒い風で冷え切ってしまったのでカフェで一休み。
 おしるこがしみわたります!
 あんまり下調べなしでいったので、お目当てのお店をあらかじめ見繕っておくとさらに楽しいかもしれないとおもいつつ。

KIMG0324.jpg
 ▲窓から
 カフェの窓から見えるお外もなんだか良い雰囲気。

KIMG0332.jpg
 ▲お土産のあめ
 今年の干支のひつじのあめ、たいへんかわいくてひとめぼれ。
 おうちに連れて帰ったものの、おいしいのですぐにたべおわってしまいました。

 たのしい川越旅でした。
 小江戸ビールが飲める素敵なカフェも見かけたので、次に行くときはその辺にも入ってみたいとか、また来たいなーという気持ちを抱けました。
 今回はそぞろあるきしようという趣旨だったのと、年始で巡回バスが運休しているものもあったので、川越駅から歩いて向かいましたが、バスが出ている時はバスに乗るのがよさそうです。20分は歩きます。
 また行きたい川越ー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。