Top Page > TRPG

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09.06 Sat

積みるるぶあれこれ。

 まだまだ積んでるるるぶたちがたくさんです。
 今回は、サイコロフィクション系。
 サイコロフィクションはるるぶもやすいので、ちょっと遊んでみたいのですけど、なかなか機会がなくここまできました。
 基幹ルールが共通なので、1冊遊んでしまえば、やりやすいのが、いいところですね。
 すべて、未プレイ。システムはさらっと目を通したかんじ。どれもリプレイ同梱しようなのがわかりやすくていいです。

 
魔道書大戦RPG マギカロギア (Role&Roll Books)魔道書大戦RPG マギカロギア (Role&Roll Books)
(2011/04/28)
河嶋 陶一朗、冒険企画局 他

商品詳細を見る

 ▲マギカロギア
 鬱になるべく仕込まれたチャートがなかなか厳しそうでおいしいシステム。
 魔法使いたちのタイプが違ったりとか、世界観がなかなか好みな感じ。


現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)
(2009/05/29)
河嶋 陶一朗、冒険企画局 他

商品詳細を見る

 ▲シノビガミ
 これ、少し前に出たスターターブックとはなにがちがうのでしょう?
 忍術バトル、仲間にも秘密をもってる部分など、面白いですね。


ヴァンパイア・ハントRPG ブラッド・クルセイド (Role&Roll Books)ヴァンパイア・ハントRPG ブラッド・クルセイド (Role&Roll Books)
(2011/12/23)
齋藤 高吉、冒険企画局 他

商品詳細を見る

 ▲ブラッド・クルセイド
 吸血鬼狩りモノ。
 これもなかなか世界観が苦しくって鬱い感じで、楽しそうです。

 サイコロフィクションも遊びたいところです。
スポンサーサイト
08.25 Mon

TRPGるるぶふえました、その2。

 詰みるるぶ多々。
 本屋さんに並ぶるるぶを眺めていると、つい手に取って気が付けばレジに並んでいる。
 そんな経験を経て、なかなか実用に至らずにいるるるぶも増えました。
 この1年から数か月でふえたるるぶたち。


アリアンロッドRPG 2E ルールブック(1) (富士見ドラゴン・ブック)アリアンロッドRPG 2E ルールブック(1) (富士見ドラゴン・ブック)
(2011/07/20)
菊池 たけし/F.E.A.R.

商品詳細を見る

 ▲アリアンロッド2E
 るるぶ2も買いました。これは、なんとか遊べました。
 無印アリアンロッドより、バランスがよくなったような印象があります。
 アリアンロッドの移動ルールや、オブジェクト・トラップのルールを見ていると、広大なトラップマップを踏破していくダンジョンシナリオなどを夢見ますね。
 ゲッシュというルールが追加されていたりしますが、基本的な雰囲気は無印アリアンとそう変わっていないです。


グランクレストRPGルールブック 1 (富士見ドラゴンブック)グランクレストRPGルールブック 1 (富士見ドラゴンブック)
(2013/12/20)
矢野俊策/チーム・バレルロール

商品詳細を見る

 ▲グランクレストRPG
 こちらはるるぶ1冊だけお試しで買ってみました。
 アリアンロッド2Eもそうなのですが、お試しプレイができるように、WEBで基幹ルールが解放されているのは、るるぶをもっていない人とも遊びやすくていいですね。
 戦記物です。通常の戦闘のほかに、マスコンルールもあって、なかなか凝ったプレイができそう。お手軽に単発で遊ぶには、少しもったいない気がします。
 ルールブックに関して言うと、私には、構成的に読みにくくて、判定データを探す際にみつからなくて困りました。
 魔法などの種類も多くて、キャラクタをカスタマイズする楽しみも多そうなシステムです。
 

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
(2011/08/24)
すがのたすく、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る

 ▲モノトーンミュージアム
 歪んでしまった運命を紡ぎなおすダークファンタジーTRPGといったところ。
 「アイロニックメルヘンRPG」といううたい文句になっています。
 シリアスで重い話をするととても楽しそうなシステムで、わかりやすいFEARゲー。という印象です。
 実プレイのめどが全く立たなくて、戦闘や雰囲気はまだつかめず。
 イラストをみるだけでも楽しいのですけど。
 2500円+税というほんのすこし気持ちだけお財布に優しい値段。

 遊びたいシステムは多いんですけど、時間と面子と、なかなかともなわないのが、悲しいところですね。
08.24 Sun

TRPGるるぶ、増えました。

ここ数か月の間に、あれこれ、るるぶやサプリメントをふやしてみました。
詰みるるぶも相当ふえてきているので、ちょっとずつでも遊んで活用していきたいところです。
遊んでくれる人もそこそこ積極的に探していく所存。
今回はおもにSw2.0関係のものの、覚書のようなもの。


ソード・ワールド2.0サプリメント  バルバロステイルズソード・ワールド2.0サプリメント バルバロステイルズ
(2010/08/27)
田中 公侍、グループSNE 他

商品詳細を見る

 ▲バルバロステイルズ(SW2.0)
 今更という感じもしますが。モンスターデータと、蛮族PCと、シチュエーション戦闘の本です。
 モンスターデータが使い勝手よく、重宝しています。
 ただ結構昔の本なので、これからまたサプリ増殖して、そちらを適用すればつかえなくなるのかもしれませんけど。
 便利です。


ソード・ワールド2.0 ルール&データブック  カルディアグレイスソード・ワールド2.0 ルール&データブック カルディアグレイス
(2012/08/17)
田中 公侍、グループSNE 他

商品詳細を見る

 ▲カルディアグレイス(SW2.0)
 人族側の新種族と、ウォーリーダー・ミスティック・デーモンルーラー技能の追加。
 アイテム追加とモンスターも追加のデータブック。
 種族が増えるのは楽しいのと、技能もウォーリーダー・ミスティックは結構使えそうです。
 また、簡易戦闘・標準戦闘・熟練戦闘と、好みに合わせて選べる戦闘ルールもついてますが、改訂版後もあわせると、ついていけるひとは少なさそうな気がします。
 付録のチャートが間違いなく便利です。チャートの魔法はウィザーズトゥーム対応のもの。練技、呪歌、鼓砲ものってます。


ソード・ワールド2.0サプリメント ウィザーズトゥームソード・ワールド2.0サプリメント ウィザーズトゥーム
(2011/08/18)
田中 公侍、グループSNE 他

商品詳細を見る

 ▲ウィザーズトゥーム
 魔法まわりの、改訂版。
 操霊魔法と真語魔法を習得吸うrことで使えるようになる深智魔法も登場しました。これは、結構ニッチかも。
 先文明のマジックアイテムやアーティファクトの類は、実用というよりはシナリオソースか、読み物。
 しかしこの辺りを導入しようとしてどれぐらい持っている人がいるのだろうか、というオンラインセッションでのサプリにありがちな問題が、ずっとついてきます。SW2.0。


ソード・ワールド2.0リプレイ  アシュラウトの無限工房 (富士見ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイ アシュラウトの無限工房 (富士見ドラゴンブック)
(2013/11/20)
大井 雄紀、グループSNE 他

商品詳細を見る

 ▲アシュラウトの無限工房(SW2.0)
 エイギア地方にあらたにみつかった、独自の技術"合成術"をもつ都市アシュラウトでの冒険のリプレイと、サプリメント。
 イラストは今野隼史さんで、絵がとてもかわいく素敵なのでそれだけでも楽しめるかんじ。値段も1000円を越えずそこそこお手頃。
 リプレイは雰囲気も明るくてテンポもよく、コンパクトサイズなので、重厚さなどはないけど気軽に読みやすかったです。
 文庫サイズなので、情報量はやはり限られてるかんじ。ランダムイベントはチャートの幅があまりなくて、工夫しないと少し飽きがきそうに思いました。
 メインクエストを引き受け、サブクエスト達成を目指しながらの探索とモンスターハント。さくさく進んでいける人と、オリジナル要素をいれてあそぶ、なんて遊び方も面白そう。

 フェイダン博物誌はまだ積んでます。
 折角ですし、サプリメントも遊び倒したいところです。
05.30 Mon

るるぶあれこれ。

ここ数カ月購入のTRPGルルブやサプリが色々ありまして。

・SW2.0フェアリーガーデン
・SW2.0エターナルエンパイア
・ダブルクロス3rdインフィニティコード
・シノビガミ
・トーキョーN◎VA The detonation
・東京鬼祓師

そしてかつて一度しか遊んでない天羅WAR。
色々遊びたいものです。
時間がなあ……。
08.07 Sat

時間配分。

フリーセッションの場ではさほどでもないものの、内輪SWを中心にぼちぼちオンラインGM復活してきました。
そのセッションの時間配分に悩む嬉しくも苦しい日々が続いています。
5年ぐらい前の一番GMしていた時期に比べて、やはり時間配分が下手になった気がします。その時期は実に毎日のようにGMをしていましたから、当然といえば当然かもしれません。

とはいえ、その当時とは色々条件も変わってきています。
固定ということでよりキャラが絡める要素を考えるようになったりだとか、GMをする間隔があいているので時間をつかみにくいとか。ギミックや敵についてもより注意を払うようになり、PLとしてもGMとしても昔は見ていなかった部分に焦点を当てるようになりました。
また、やはりどんなシナリオにするかを当時よりも深く考えるようになったような気はします。
色々なシステムに親しむようになったり、色々な側面から物事をみるようになったからこそ、そういう悩みを抱くようになったのかなと思えもします。
そう考えればまだ救われるような気はします。

セッション時間がのびてしまう原因はいくつかありますが、私の場合は大体以下の二点。

まず、物を捨てるのがあまり得意でない性格上、あれもやりたい、これもやりたいと思った結果、取捨選択しきれずに詰め込みすぎて長くなりがちです。
もし詰め込むとしたら、それも予想に含めたうえでうまい具合に時間設定をしておかねば、参加者様に負担を強いることにもなってしまうし。

次に、敵モンスターとパーテイのバランスをみるのが苦手。
これを克服するには、やはり戦闘をこなすのと、状況を想定するということを重ねること。
戦闘テストをたびたびやってみないと、自分には一寸難しそうです。

そんなわけで、とりあえず一つの目標としてあげられるのは、予定時間オーバするのはせいぜい30分前後にしたいというところ。
簡単なようで難しいことですが。
日々さまざまな点から納得のいくように進歩していきたいところですね。

そんなTRPGメモ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。