FC2ブログ
Top Page > 2014年02月

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03
02.24 Mon

雪。


関東の大雪で、いぬは大喜びでしたよ。
スポンサーサイト



02.14 Fri

お題12。

 1day1pictのまとめを久しぶりに。
 お題絵は追記にサムネイルで。
 175/365。
02.09 Sun

まだまだマンガあれこれ。

 みぢみぢとマンガの感想備忘録。


虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
市川 春子

商品詳細を見る

 ▲虫と歌
 表題作含んだ4話の話と、2ページの書き下ろしが一編載せられた短編集。
 どの話も不思議で、世界観は現代モノでいながらレトロなような、独特さ。
 読後感は爽やかとはいえない。物悲しく、印象深い。
 この中では、なんとも複雑な話だったが星の恋人が好きだった。
 絵の感じは、少女マンガっぽいような手塚治虫っぽいような印象を受けた。繊細、シンプル系。
 長野まゆみが好きな人はまずツボにハマりそうな作品だとおもう。


たまごかけごはん (リュウコミックス)たまごかけごはん (リュウコミックス)
(2012/04/13)
木村 いこ

商品詳細を見る

 ▲たまごかけごはん
 食べ物にまつわる短編10本。うち5本はカラーページ。
 カラーの塗りは優しくて、ポストカードなんかにありそう。
 話の間にある口絵の一枚絵がいい雰囲気。
 読んで難しい話はなくて、どの一話も短いコンパクトサイズなのでさらっと読める。
 後半作者のエッセイぽいマンガがあるけど、これもゆるくていい。
 話のなかでは、たまごかけごはん、お茶漬け係さん、猫の給食当番が特に好みだった。
 幕間的ぷちレシピもちょっと面白かった。


月光ゲーム (BLADE COMICS)月光ゲーム (BLADE COMICS)
(2006/04/10)
有栖川 有栖、鈴木 有布子 他

商品詳細を見る

 ▲月光ゲーム
 同名の正統派ミステリ小説のコミカライズ。
 有栖川有栖の学生アリスシリーズで、探偵役が江神さんの方の。原作ファンなので購入。
 マンガであるため原作よりは話の運びが早く、絵の雰囲気もあってよりライトに感じた。
 読みやすい代わりに読後のミステリ腹の満腹感は程ほどだ。
 マンガ家さんの作風か、クローズドサークルものだけど、大学のミステリ研が主要人物というフレッシュさは出せてて良かったと思う。癖がなくてさらっとした絵だ。
02.04 Tue

マンガもこもこ。

 マンガもこもこ読んでます、相変わらず。
 昔読んだまま放っておいたのも、積ん読も消化していきます。

 
ホクサイと飯 (単行本コミックス)ホクサイと飯 (単行本コミックス)
(2013/10/22)
鈴木 小波

商品詳細を見る

 ▲ホクサイと飯
 一人暮らしの女マンガ家と、ぬいぐるみホクサイのごはんマンガ。全8食とおまけ一話。
 謎のハイテンションで話が展開され、このテンポはやや癖になる。
 食べ物系だけど絵のタッチの関係であまり食べ物はおいしそうに見えない気がする。
 各話の中では、栗ごはんの話が特に自分の好みだった。秋の味覚、すばらしい。作る行程も、そこからおいしくいただくのも、楽しい。
 作ること、そして食べることに溢れんばかりの情熱を傾けているのが、何より素敵なマンガだと思うし、その姿勢に食欲の背中を押される感じだった。


ワカコ酒 2 (ゼノンコミックス)ワカコ酒 2 (ゼノンコミックス)
(2013/12/20)
新久千映

商品詳細を見る

 ▲ワカコ酒(2)
 今作のメニューは全28品。今回もどれもおいしそうに描かれているし、ワカコの食べっぷり飲みっぷりもよくて垂涎しながら読み進む仕様になっている。
 中でも海老のアヒージョと、アスパラ串揚げ、アサリ酒蒸し、広島風お好み焼きがツボだった。
 アスパラ串揚げは自分の好きな串揚げ屋さんにもあるがゆえににやにやする。
 ただ、この巻は何となく前巻よりお酒の印象が薄い気がしたし、その分前巻と比べるとインパクト控えめだった気がした。それだけ自分が食べ物に集中したのかもしれないが。
 どんなときでも何度でも読めるマンガ。ただし腹が減る。


東京都北区赤羽 1 (GAコミックススペシャル)東京都北区赤羽 1 (GAコミックススペシャル)
(2009/06/16)
清野 とおる

商品詳細を見る

 ▲東京都北区赤羽(1)
 赤羽と言われた時に私が思いつくのは埼京線…くらいか。
 この作品の、作者は赤羽在住。作品中では、作者が出会った不思議な場所・店・人が描かれている。
 限りなく実話に近く、登場人物も実在だそうだ。
 とすると本当に不思議。個性的。事実は小説より奇なり。一癖もふた癖もある登場人物ににやにやしたりビビったりする。
 もっとも、それに臆さず突撃していく作者が一番の曲者なのかもしれない。
 このマンガはまさにタイトルどおり赤羽のマンガなのだと思った。
02.03 Mon

お絵かきあれこれ。

 おもにTRPG仲間さんにかきますよーっていってかかせて頂いた絵をちらほらと。
 追記に10枚ぐらいあります。
 サムネイル表示だったりもします。