FC2ブログ
Top Page > 2014年05月

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2014 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 06
05.31 Sat

まったりマンガあれこれ。

 感想録も清書してないのがたまってきました。
 ずいぶん前に読んだのも含め、本の感想あれこれを。

 
ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)ヤマノススメ 1 (アース・スターコミックス)
(2013/04/26)
しろ

商品詳細を見る

 ▲ヤマノススメ(1)
 内向的な主人公が、再会した幼なじみに引っ張られて、幼い日に約束していた山登りを始める話。
 絵柄は萌え絵方面でかわいくて、私には合わないかしらと思ったが、話の運びは段階を踏んでいて堅実。
 登山用品をそろえる所から始まり、山で料理をしてみて、今度は高尾山に登る、とハードルの低い所から、無理せずに。
 それぞれの行程に楽しさを見出して、のんびり楽しくやっていく感じが良い。
 キャラクタには少し感情移入しにくいが、段々馴染んでいくかもしれない。
 巻中記載の山のコラムもしっかりしていて、思った以上に面白かった。


おいピータン!!(1)[改訂版] (ワイドKC キス)おいピータン!!(1)[改訂版] (ワイドKC キス)
(2003/03/11)
伊藤 理佐

商品詳細を見る

 ▲おいピータン!!(1)
 一話完結型だけど、どこかが繋がっている甘くもあり苦くもあるお話集。
 いいエピソードが沢山。
 絵柄はコミカルでやや古め、キャラのかき分けに特化したタイプ。
 登場する人々は、生々しく重たいあれこれを抱えていたりするが重さは感じさせないつくり。
 日常に点在する男女の間の、面白さしたたかさがメインに描かれている。胸がすくような話もある。
 なお、ピータンは登場人物のあだ名。
 1巻のなかでも私が好きだったエピソードは「初デート」「退治」。ピータン、いい奴。


日の出んちの犬 1巻日の出んちの犬 1巻
(2013/12/31)
いぬ36号

商品詳細を見る

 ▲日の出んちの犬(1)
 のんびり読める作品。主軸は日の出家、兄妹がメイン。
 日の出家にやってきたポメラニアンのフィーちゃんをめぐる、家族のあれやこれやを描いたほのぼのギャグ。
 いぬ好きとしては、ありな部分もなしな部分もあるが、雰囲気は一貫して良い。
 自分の好きな犬種とは違うけれど、それはおいといてもフィーちゃんはかわいい。
 このマンガの、力の入れ方やノリ、勢いなどが、自分のテンポと似ていて、なんだか親近感を覚えた。
スポンサーサイト



05.05 Mon

たまに。

 たまに食べ物話。
 最近特に日本酒をちょこちょこ飲むようになりました。
 貧乏舌なほうですが、ごはんと組み合わせてお酒を飲むのは大好きです。



 量は飲めないので、たくさん種類が飲める飲み方がお好み。
 日本酒は、やっぱりおさかな系との相性は抜群ですね。



 このお店のいわしのなめろうがおいしかった。 
 お魚が結構売りのお店でした。
 おすすめのポテトサラダはちょいお高めだったのですが、これが、ものすごいお酒のつまみとして優秀な味でした。



 どれもお料理にはよくあいましたが、花陽浴は結構癖の強いお酒だったので、お魚料理というよりはもっと別によく合うものがあるのかもしれないと、日本酒の味に詳しくないなりに思ったり。
 
 おいしいお酒と食べ物があると、しあわせですね。