FC2ブログ
Top Page > > 愛別離苦。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
06.16 Fri

愛別離苦。

 急変した容態は、溢れ出した川のように、止めることも出来ず。
 結局、終わってしまった。

 未明の電話が痛む胃を余計に痛めつける。
 夜中にも関わらず、意識は鮮明だった。夢ではなかった。
 あっという間の話だった。

 誰も居ないところで、少しだけ泣いた。
 人が慌しく出入りする頃には、もう泣かなかった。

 天国やら、極楽やら、そういうものがもしあるとしたら、そういう所で、今までの苦しさを打ち消してほしい。
 死に顔は、穏やかで、微笑んでいるように見えた。
 
 それだけが救い。

 そんなこんなで身内に不幸がありましたよと。
 ブログに書くのも微妙な話ですが、書かずにはいられなかったこと。
 衝動だけで文を書く馬鹿者ですが、書かずにはいられなかったこと。

 思い出と、色々なものを残して。
 焼香をして。読経をぼんやり聞いて。
 これから忙しくなるのかもなと思い。
 夢であってほしいと思いつつ、現実であることを認め。
 同情も、涙も、後に置き去り。

 そして進んでいくのです。



 しばらくTRPGはお休みになってしまいそうですが、時間と余裕があればメッセンジャーにはあがるかもしれません。
 ブログは多分更新。
 いつまでもこの話をトップにはあげておかれませんもの。

 乗り越える。

 何かをもたらしてくれた感謝と、別れの悲哀と、絶望と、これからへの推進力。
 ただただ頑張っていくだけなのです。