FC2ブログ
Top Page > > 短文的な。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02
03.25 Fri

短文的な。

ツイッタで書き散らした文をおいていきますよと。
自分とこのキャラクタの、朝の様子、夜の様子など。
朝と夜の。

【SW】

デュカの朝。
今日こそは早起きと思いつつまた寝過ごした。
何とか布団から起き上がって、蜂蜜かジャムたっぷりのパンケーキを食べる。元気出た。
今日も良い1日になりそう。
太陽の下に軽い足取りで飛び出す。そんな朝。


ファティマの朝。
空が白む頃に起き出し、井戸に水を汲みに。
窓をあけ部屋の掃き掃除と拭き掃除。洗い桶で簡単な洗濯、干す。
パンと野菜のスープの朝食。
片付けを終え、鉢に水をやる頃に朝日が燦々と射すように。
本を携え、宿に足を向ける。
広い宿の片隅でお茶を飲みながら依頼を待つ。緩やかな朝の風景。


ルルの夜。
宵のうちに名残押しそうに屋根から下りる。
お日様とさよなら、お月様とこんばんは。
冷たいスープと野菜の炒めたのをおなかに入れる。木匙もこの頃は随分上手に使えるように。
借り受けた本を満月の灯りで読み進め、見上げれば中天にかかる月。
もう遅い時刻。草の寝床にもぐりこむ夜。


【ARA】
某眼鏡の夜。
仕事を終え酒場で食事。いつもながらの賑やかさ。
飯を取り合うフォークの戦いの金属音、寸秒の後に雷が落ちた、あーあ。
今日も平和です。

夜も更け部屋に戻る、使い魔は定位置、膝の上。眼鏡は机の上。
本のページを繰りながら。
ふと鏡に目をやる。
おっと、そろそろ髪も染めねえとなあ。

使い魔のリュックに手を伸ばし、入れておいたペンダントを見る。
たまに見たくなる、置いてきた過去。

しまいなおし、気を取り直し。
鏡をみて、笑顔を作り。
よし、明日からもこの顔でいける。

窓から外をみれば月明かり。
ランタンの火を消し、床につく。

今夜は何の夢も見なければいい。