FC2ブログ
Top Page > > まったり読書録。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02
03.07 Thu

まったり読書録。

 あんまり本を読まない最近ですが、読んでいるものもいくらか。
 マンガの感想を、備忘録もふくめて、短くまとめてみました。


暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
(2012/11/02)
松井 優征

商品詳細を見る

 ▲暗殺教室(1)
 本屋のチラシみた時はまたこの手のマンガかと思った。最近こういうあおり多い気がする。
 だけど、作者をみたら納得した類。
 この作者らしくて軽快なテンポでなにかおかしい展開が続いていく。
 ネウロの時も段々面白くなっていったからこれからが楽しみ。


鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(1) (モーニング KC)
(2011/05/23)
江口 夏実

商品詳細を見る

 ▲鬼灯の冷徹(1)~(4)
 表紙をみた時はギャグマンガだと思わなかったけど、がっつりギャグマンガでした。
 地獄の補佐官の鬼灯が実際冷徹にずんばらりしていくのがいちいち可笑しくて。
 昔話の人々も色々出てきてにやにや。西洋地獄なんかも出始めて、顔なじみのキャラクタが増えていきます。
 あと動物がかわいい。動物がよくかけているとおもいます。
 絵の書き込みとか構図に遊び心とかあるのが、好み。


大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)大砲とスタンプ(1) (モーニング KC)
(2011/12/22)
速水 螺旋人

商品詳細を見る

 ▲大砲とスタンプ(1)
 戦中なのだけど、非常にコミカルなお話。
 主人公は銃を使うポジションではなく、書類を扱うお仕事というのも面白い。
 戦車とかの書き込みが良くって、可愛くて、まねしたい。
 かわいくてほのぼのした雰囲気ある割にはコロッと人が死ぬ。戦争だものね。