FC2ブログ
Top Page > スポンサー広告 > 秋なら読書。 > 秋なら読書。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09.04 Wed

秋なら読書。

ということで、読んだものの感想などを。
最近エッセイとか、写真とか、そういうのが好きです。


ダカフェ日記ダカフェ日記
(2007/07/05)
森 友治

商品詳細を見る

▲ダカフェ日記
 写真で切り取るシーンは、人の目線の違いがよく現れると思う。
 本にして見ると短いこの作品も、数年間に渡るブログの歴史を積み重ねてきたもので。
 そこに残されてる文と写真は、その作者にしか残せないものなのだなと漠然と思う。
 中身は、家族と家族の周りの風景を切り取った写真とともに、一言。といったかんじ。
 娘さんだけだったのが、息子さんもうまれて、いぬも年をとっていく。
 月日は短いような長いような。そんなことを感じさせる一冊。


食卓の情景 (新潮文庫)食卓の情景 (新潮文庫)
(1980/04/29)
池波 正太郎

商品詳細を見る

▲食卓の情景
 小説を読む体力がないときは、エッセイなんかを重宝している。
 池波先生のエッセイは、小説同様のあの、特徴的な文体。
 読んでいて心地よいさっぱりした口調で再生される。
 背景や精神、時代に至るまで現在との差を非常に感じて、それが大正生まれで戦争を超えて、昭和を生きる人なんだろうと思う。
 必ずしも、全てに賛同したりとか、うなずけたりすることばかりではなくて、そこがまた楽しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。