Top Page > スポンサー広告 > まったりたり読書。 > まったりたり読書。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10.06 Sun

まったりたり読書。

結構前に読んだ本もあるのですが、徒然感想まとめ。
マンガです。


乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/11/16)
入江 亜季

商品詳細を見る

▲乱と灰色の世界(1)
随分前に読んだ感想書き忘れ。
これから大きな流れとともに、続いてく話の、顔見せということで、主人公と周りの特徴的な人物が次々出る。
主人公の家は、魔法使い一家なのだけど彼らの悩みの種は一般的でそこがいい。
なんとなく今後の大きな不安要素になりそうな話が2,3でてきていて、起承転結の承に入るのが楽しみだ。
全体通してのびのびとしている。
作者の絵に物凄く力があるなあと感じる、特に目力と、胸と、髪。動きものびのびしていて良い。


ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)
(2013/05/20)
新久 千映

商品詳細を見る

▲ワカコ酒(1)
食べ物が美味しそうなマンガが好きだ。大好きだ。
こんな日はこんなお酒、こんなお酒にはこんなおつまみ、という思考が自分の思考にも重なっていて、とにかくツボにハマった作品だった。
季節感もあって、春夏秋冬酒がうまいし肴がうまい。それが最高。
読むと間違いなくおいしいお酒とおつまみをもとめてふらっと出かけたくなる。


最近はとくに食べ物関係のマンガが自分の中で熱いのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。