FC2ブログ
Top Page > スポンサー広告 > マンガあれこれ。 > マンガあれこれ。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01.29 Wed

マンガあれこれ。

 感想備忘録をサボっているので、またじわじわと。
 マンガ2冊です。


坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

 ▲坂本ですが?(1)
 あまりにもスタイリッシュなマンガ。
 ランチタイム、登校、バイト、イジメまで、高校一年生の坂本君がスタイリッシュでクールに描かれる。
 彼を取り巻く人々の個性も面白いのだけれど、坂本君の前ではいい意味でパセリのような存在になっている。
 いちいちクール。いちいちスタイリッシュ。
 クールというよりクーレストという帯の文句は確かに合っている。
 その発想はなかったという言葉が適切な話がてんこもりだ。一度見たら忘れがたいエピソード満載の一巻だった。


おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)
(2013/09/30)
秀 良子

商品詳細を見る

 ▲おしゃべりは朝ごはんのあとで
 朝ごはんルポマンガ。
 代金はほぼ自腹という形式で、東は東京、西は京都、日本を飛び出しパリ・ハワイまで、筆者が各所で食べたものをルポしていく。タイトルどおり、朝ごはんに重きをおいている。
 朝からアレコレ食べる活力のない自分としては、朝ごはんというものにあまり焦点を当ててこなかったので新鮮に感じた。
 お品書きは、3000円を超える豪華なパリのカフェごはんや、農家レストランの自家製ごはん、料亭の朝ごはんもあれば、1000円以内で食べられる築地の定食やパン、モーニング…と、多岐にわたる。
 そして値段やお店の場所が書いてあるので、それがまた興味を誘われるのだ。
 なお表紙のような絵はあまりない。本文中は大変力のぬけた絵なのだけれど、なんだか癖になる。
 だらだら食べ物がみたい時に手に取る本だとおもう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。