FC2ブログ
Top Page > スポンサー広告 > 春先マンガらいふ。 > 春先マンガらいふ。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04.02 Wed

春先マンガらいふ。

 あれこれだらだら読んでいますが、感想もたまってます。

 
酒のほそ道 1 (ニチブンコミックス)酒のほそ道 1 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
ラズウェル細木

商品詳細を見る

 ▲酒のほそ道(1)
 季節ごとのお酒と肴と主人公、その周りのエピソードが描かれている。
 お酒には季節と肴と、ソレを囲むヒトが大事と思うので、私には波長があう。
 なお、各マンガの合間に、"ちょっと寄り道"などのコラムがあり、もしやこちらの方がボリュームあるのでは…という程の量になっている。
 また、季節ごとの肴のレシピもいくつか載っていて、簡単にやれそうなものもそうでないものもあるけれど、四季の風情ががっつりでているのが良い。
 絵柄は古め。人物の個性際立たせるかき分けがうまい。分類するなら釣りバカ日誌とか深夜食堂とかのタイプ。


日常(1) (角川コミックス・エース)日常(1) (角川コミックス・エース)
(2012/09/01)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る

 ▲日常(1)
 日常らしからぬようなものが時折混ざった日常の風景のマンガ。
 表紙に話の雰囲気が凝縮されている。一話一話が短めで、サッパリとしている。
 キャラクタの配役は、キャラをあまりかきわけない感じがするからか私には少しつかみにくい。
 ただ、シンプルな絵だけど話にあわせて小技を効かせてくるので、面白い。
 これは癖になる。
 なお、自分の中でのハイライトは、鹿としゃけだった。


目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)
(2013/05/30)
おおひなたごう

商品詳細を見る

 ▲目玉焼きの黄身 いつつぶす?(1)
 いい意味でバカなマンガだとおもう。
 目玉焼きの黄身をいつつぶすか、納豆をいつご飯にかけるか、とんかつのキャベツをいつたべるか、など一貫して、人によってやり方の分かれそうな部分をぐいぐい攻めてくる。
 主人公ジロちゃん、すぐ度肝抜かれすぎ。そして恋人のみふゆとはいつも食べ方でもめている。終始もめている。
 2巻に続くみたいだけれど、どうなってしまうのか。食べ物のほうはといえば、多分2巻も同じ調子で続くのだろうとおもうけど。
 常に独自の食べ方を打ち出してくる近藤さんがいいスパイス。変なマンガ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。