Top Page > スポンサー広告 > 梅雨もマンガあれこれ。 > 梅雨もマンガあれこれ。

コトノハヤ徒然

--無断転載禁止--
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06.18 Wed

梅雨もマンガあれこれ。

 梅雨になっても積読がなかなか減らない。
 そんな日常、だらだら感想をメモです。


スケッチブック 1 (コミックブレイド)スケッチブック 1 (コミックブレイド)
(2012/10/25)
小箱とたん

商品詳細を見る

 ▲スケッチブック(1)
 一癖も二癖もある、美術部の面々の日常を淡々と描く、ほのぼの不思議4コマ。
 爆笑はないけど、くすりとする。
 回を重ねるごとに、登場人物が増えていくが、それがまたそれぞれ個性的な面々だったりするのだ。
 力の抜けた絵は、漫画の雰囲気に相応しい。
 それにしても、マンガの端々をみるに、作者は美術と、猫と、虫と、植物に詳しいのだろうか…とふと疑問がわいた。
 脱力したいときに読むのがいいとおもう一冊。


猫ラーメン 1 (コミックブレイド)猫ラーメン 1 (コミックブレイド)
(2012/10/25)
そにしけんじ

商品詳細を見る

 ▲猫ラーメン(1)
 猫の大将が営むラーメン屋の、ゆるーい日々の四コマギャグ?マンガ。
 四コマだけではなくて、時には大将の過去エピソードがはいる。イイハナシカナー?である。
 画風は、いわゆるギャグマンガテイストな絵。
 私にはちょっと笑いどころがわからないのと、テンポがおそらくあわないのとで、いまいち響くものがなかった、と感じたのが残念だった。


スライムさんと勇者研究部(1)スライムさんと勇者研究部(1)
(2013/04/05)
我孫子祐

商品詳細を見る

 ▲スライムさんと勇者研究部(1)
 者と魔物の戦いで、魔物が勝利した後の世界の話。
 戦いから長い年月がたち、皆魔物の力をなくしたが、まれに力を使えるものがいる。表題のスライムさんもその一人。
 いつか復活するといわれている勇者に備え、勇者研究部でがんばっている。
 スライムさんは能力以外は、のんびりで、女子高生で、時々一生懸命で、かわいい。
 スライムさんを取り巻く仲間たちが、話が進むごとに増えていくのはお約束。
 能力ごとに性格が少しだけそれらしく、くっきりほかの子と違っている部分が良い。皆それぞれ一生懸命なのも良い。
 ほのぼのギャグ路線で進んでいく1巻。でも勇者が出てきても、まったりと進んでいきそうだ。
 この先にラブコメのにおいがありそうな気配がする、たぶんあまり予想の範囲外にはでない、そんな1冊。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。